2013年03月06日

中国のタクシーはクレイジー

先週1週間、中国に出張に行ってきました。

初めての中国です。

セントレア→上海→昆明→大理
→大理→昆明→上海→セントレア
という感じで一週間。移動は飛行機です。

行き2日、大理に3日、帰り2日です。
途中の都市は行くまで聞いたことありませんでした。


中国のタクシーの話です。
上海、昆明、大理全ての都市で乗りましたが、

みんなクレイジーな走り方をします。


空港からホテルまで高速を使ったのですが、
リアルグランツーリスモが体験できます。

4車線をすべて使って前の車を抜いてくれます。

方向指示器は飾りです。日本人にはわからんのです。
というような感じで
車線変更では方向指示器は使いません。

その割には、クラクションは鳴りっぱなしです。

前が詰まると、反対車線も走って抜いてくれます。


前に乗ると絶叫マシンよりも怖いです。
絶叫好きな方は前席をお勧めします。

中国のタクシーではシートベルトを自然としたくなりました。

m36331.jpg

中国のタクシーはこんな感じでVWが多いです。

タクシー待ちの列に並んでると、
闇タクシーの運転手が声かけて来ます。
絶対に乗ってはいけません。

漏れなく危険です。


あとは、大理でタクシーを呼んだら、

運転手の家族同伴で来た。しかも2人も!


その他、携帯で話しっぱなしなど、

日本ではあり得ない体験をいっぱいできました。

DSC_0202.JPG
写真は昆明のホテルから。
かなり内陸の都市だけど、発展してた。
タワークレーンがいっぱいあり、
まだまだ高層ビル作ります!って感じでした。

posted by mclhak at 00:25| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

「CLUB Panasonic」CMで分かりやすく解説中♪